メンエスオーナーに伝えたい事

部屋の間取り/アメニティについて

 

ワンルーム型ならなんでも”良い”というものではありません。

 

決してワンルームではなくても工夫次第で、

素敵な空間を作ることが可能。

 

ワンルームでない場合は、オペレーションが少し面倒になりますが、

コストがかなり抑えられますよね。

その分、別の所にコストをかけましょう。

 

何が大事で、何が必要ないのかを見極めていきましょう。

きっともっと人気店になれます。

 

ワンルームにするなら

 

ワンルーム型なら、まず第一関門クリア。

ワンルーム型の方を好むメンエスマニアが多いので、基準点が上がります。

しかし、ワンルームだからといって油断するとすぐに減点されるので注意が必要。

 

オペレーションがシンプルなので、

濡れたままのタオルや、ゴミの捨て忘れに出会うことは少ない。

 

しかし、それを見つけた瞬間の萎え具合も相当なものになる。

再訪の可能性がグッと減る。

 

  1. ユニットバスは極力避ける
  2. シャワールームのみの場合は清掃を注意深く
  3. 狭い脱衣所でもアメニティを充実させる
  4. ボディーソープをケチって安いのにしない

 

最近は折角のワンルームなのに詰めの甘い店舗が多い。

アメニティの数や、シャワールームの清掃、ボディーソープのチョイスなど、

満足度に直結する所なので、細かく注意して欲しい。

 

ワンルームにしないなら

 

同一店舗で複数の施術部屋を設置する場合は、

かなり注意が必要だ。

隣から聞こえる声や、物音を気にするひとは多い。

それらを凌駕する圧倒的な内容で攻めてくるお店もあるが、

できることなら、静かで快適な空間づくりを行って欲しい。

 

  1. 壁に防音シート
  2. 扉にクッションテープ
  3. バスマットを徹底して取り替える
  4. 脱衣所のゴミ箱を常に気をつける

 

ワンルームと比べ、全体的に広く余裕がある作りなのを生かしてほしい。

バスマットの交換や、ゴミ箱のチェックはどうしても油断しがち。

しかし、これだけでリピート率がかなり下がってしまうから要注意。

お客様同士の接触に注意するのは勿論だが、そのほかにも気にすべき事を忘れてはいけない。

 

オイルについて

 

なぜだろう。

いつまで経っても安いベタベタオイルを使うお店が減らない。

安いのはわかる。

でも、水溶性のすぐ落ちるオイルを使って欲しい。

 

少なくとも私の知っている限りでは、

全員この意見だ。

もし、やむを得ない事情があるのなら教えて欲しい。

 

メンエスも熾烈な競争が始まっている。

この世界で生き残っていくには、

オイルへの投資をしっかりと行うべきだ。

 

オイルにコストをかけることは非常に重要。

忘れないで欲しい。

今の段階ならオイルを変えるだけで、一歩リード出来る。

すぐに試して欲しい。

 

音楽について

 

かかっている音楽のジャンルのことではない。

再生している機材の話をしたい。

ジャンルは常識の範囲内なら何でも良いと考えている。

極論、ビートルズでも良い。

ただ、再生機器があまりにお粗末だと気が散ってしまう。

 

コードの不具合や、

スピーカーのクオリティーには気をつけて欲しい。

 

断線しているような、音が途切れ途切れになるような、そんな状況は絶対にダメだ。

高級なものを使う必要はないが、日常的に点検しよう。

ラグジュアリーさが必要なのだ。

 

メンエスの客層を考えると、

超高音質のBGMが流れている店舗もアリかもしれない。

 

ドリンクについて

 

気の利いたドリンクを出して欲しい。

そういうお店があまりない。

ちょっとお金を出せば高級なものが出せる部分で差別化しよう。

美味しいルイボスティーが出てくるお店は全体的な評価も高くなるだろう。

 

実家の麦茶みたいなのも悪くはないが、工夫があれば、記憶に残る。

 

これくらいの少しの手間でリピート率が上がる、是非試して欲しい。

(お菓子は必要ない)

 

終わりに

 

細かい所、お金をそんなにかけなくても改善出来る所は多い。

 

  1. 素敵なセラピスト
  2. 施術レベルの向上

 

勿論、上記の2つの比重は圧倒的に重いが、それだけでは難しい時代に突入しそうだ。

細かい所に気が利くメンエスが一軒でも増えてほしい。

この業界が末長く発展することを祈る。

 

無論、セラピストの研修等が最重要になってくるが、それはまた別の記事で。