[番外編] オイルバードの夏休み in バンコク

オイルバポイント

 

 

バンコクのお店選び

 

バンコク鉄道BTSナナ駅から徒歩1分。

スクンビット7/1通り沿いにある路面マッサージ店

 

宿泊先に向かう途中にたまたまあったお店で、

店の前を通ると「まっさ~、どうですか~?」と片言の日本語で呼ばれる。

 

値段だけチェックすると言いつつ、女の子もチェックしておく。

ほぼ全員おばさん、だが、ひとり若くて可愛らしい子も

3秒悩み、会社の人に別れを告げ、一人で突撃した。

 

中に入ると一階はフットマッサージスペース。

私は全身オイルなので、二階に案内された。

 

思っていたよりも綺麗

 

日本の汚いチャイエスよりも綺麗。

全身オイルマッサージで料金は500バーツ(約1500円)。

タイでの平均価格。

 

タマキワキワバース
良いね。タイ。いきたい。

 

セラピスト

 

・年齢21

・小島瑠璃子 -タイversion-

・マッサージ歴6ヶ月 -新人-

・日本語 -勿論喋れず-

 

タマキワキワバース
面白くなって来たよ。どうだったんだい。

 

施術

 

まずは、基本通り背面から。

オイルは少なめだが、日本とは異なり指圧でもオイルを使ってくれる。

そして、、力強い!!

 

ホントにマッサージ始めて6ヶ月?肩のコリを全てほぐしてくれる。

体は小さいが、力はある。

日本のメンエスでは指圧を強めで要求しても、全く強くならないセラピストもいるが、この差はなんだ!

背面上半身が終わると次は下半身。

紙パンツが無いので、少し期待はしたが、何も無し。

そう、ここは本格派タイマッサージ店だった。

 

そして私は眠りに落ちた。

 

仰向けタイムは足と腕のマッサージがメイン。

そして、セラピストとの会話を楽しんだ。

 

タイの女の子の多くは、日本に行きたい様。

日本のメンエスにタイ人セラピ、もしくはタイにメンズエステが出来る、そんな日も遠くないのではないか。

 

タマキワキワバース
本格派。