オイルボトボト系 クシェルスパ -恵比寿-

ヨツンバポイント

 

 

恵比寿で生き残れ!

 

ひさしぶりの訪問。

クシェルスパ。

 

このお店は3度目だが、セラピストのラインナップが個性的。

大衆的に受けるタイプではなく、一芸のあるセラピストを意図的に採用しているのだろうか。

だとしたら、非常に素晴らしい攻めの運営スタイル

 

これは昨今のメンズエステ乱立に対抗する一つの正解かもしれない。

今回もメンエススタンダードにクシェルらしさが混じった程よい施術。

しかし、恵比寿で生き残るには更なる向上が必須だろう。

 

タマキワキワバース
激戦区恵比寿だね。私も随分通っているよ。どこもレベルが高いよね。

 

セラピスト

 

愛嬌のある小さくて丸いタイプのセラピスト。

写真のイメージとはすこし違った。

髪をきっていたからだろうか。

 

ヨギボーのような安心感と肌感。

気をすぐに許してしまった。

セクシーさもあるが、圧倒的に安心感が強いタイプ

 

施術は、意外や意外なサイレントスタイル

 

タマキワキワバース
サイレントスタイルは不安と期待が半々だよ。

 

施術

 

導入の指圧は優しく確かめるタイプ。

比較的長めの指圧で全体を丁寧にトリートメントしてゆく。

都内平均レベル。

 

お待ちかねのオイルタイム。

ボトボトドバドバ

温められたオイルが気持ちの良い季節。

 

惜しまず。

遠慮なく。

何か入ってるのかと勘違いするほどに高ぶる適温

これがクシェルスパ、最大の特徴

 

ほぐしの技術はオイル投入後もなかなかのもの。

脚曲げストレッチは身体の凹凸を全て生かしてベストフィット

 

ふにゃふにゃにほぐされた脚が深い闇に包み込まれて。。。

 

クールダウンは挟まずに、スタンダードヨツンバでリラックス。

徐々にこちらのボルテージは上がって行くが、セラピストは黙々と飄々と

 

喋りそうなのに喋らないギャップ。

こんなパターンも悪くない。

 

鼠蹊部への侵入は大量のオイルと小さな身体を生かして、スルっとノーストレスで入り込む。

随所に見られるこの機動力の高さは大きな特徴のひとつだろう。

 

オプション10分はクシェルらしく。

ラスト10分ではもう少し手技や身体の向きの変化があるとグッと来ると思う。

人によってオプションに違いがあるのは高評価。

ドキドキをもっとください。

 

総評

 

悪くない。

オイルの使い方なんかは一流。

 

しかし、ここは激戦区恵比寿。

より一層の変化と期待を超える施術を求めてしまう。

 

アメニティや店舗内装が仕上がっているだけにもう一歩進化して欲しいと願う。

次の進化を期待したい。

 

料金・・・★★★ [3.5] (平均よりすこし高め)

清潔感・・・★★★★ [4.7] (広め、綺麗)

施術・・・★★★ [3.6] (平均以上)

セラピスト・・・★★★ [3.0] (写真とイメージ違う感じ)

ホスピタリティー・・・★★★★ [4.2] (心ほぐし上手)

キーワード・・・恵比寿で生き残れ!

 

どのお店も切磋琢磨していて素晴らしいですね。