極上癒し空間 エトワール [溝の口]

ヨツンバポイント

 

 

情報こそ少ないが老舗

 

溝の口でふらっと訪問。

エトワール。

情報は非常に少ない同店舗。

 

後からわかったことだが、

相当な老舗のよう。

溝の口では有名なのだろうか。

 

よく行く飲み屋の上にあるが、

未訪問だったため、突撃。

 

良くも悪くも、

想像を超える不思議空間が広がっていた。

 

店舗型には想い出が多い。

初めてのメンエスを思い出す。

エトワールもそんな店舗型

 

非常に丁寧な男性受付に、

待合室に通される。

冷たいお茶とオシボリで待機。

悪くない。

 

価格はなんと9012000円。

溝の口価格。

安いのは単純に嬉しい。

 

店舗はお世辞にも綺麗とは言えない。

歴史があるからしょうがないと納得する。

 

部屋は4つ程。

所謂、街中マッサージ屋さんのタイプ。

上が完全に空いているタイプ。

自然と様々な会話が聞こえてくる。

これが絶対に嫌な人は、来ない方が良い。

 

タマキワキワバース
溝の口にもメンズエステが結構あるんだね。気になるよ。

 

セラピストも若さ溢れる溝の口風

 

少しの待機の後に、

個室ブースに案内される。

古さはあるが、

部屋の雰囲気は落ち着いている。

 

セラピストさんはキュートで若々しい。

衣装もサイト通り。

これには安堵した。

 

タオルを巻いて、シャワーへ移動。

他の客と会いそうで非常にドキドキする。

シャワールームも歴史を感じる造り。

アカスリタオルは泡立ちが良い。

洗濯大変そう。

 

シャワーの後には驚きのアナウンスがあるが、

郷に入っては郷に従う。

 

施術前に簡単に流れの説明が入る。

わかりやすい。

 

タマキワキワバース
どんな施術か気になるよ!早く教えて!

 

施術

 

先にお伝えすべきことがある。

都内メンズエステのエキスパート達には物足りない内容かもしれない。

しかし、値段とのバランスを考えるとちょうど良いラインか。

 

[たっぷり指圧]、[オイル]、[鼠蹊部]の流れがきっちりと決まっている様子。

 

まずは指圧がたっぷり。

テクニックは平均レベル。

 

このお店の楽しみ方は、

どうやら周りをあまり気にせずに、

飲み屋的にセラピストと会話をする方が正解か。

 

セラピストやお店に没入するタイプのお店ではなく、

もっとざっくばらんに楽しむべき店舗。

 

皆さんの声が聞こえるが、

それを気にしていたら、ダメ。

 

全身をしっかり指圧され、

オイルへ。

 

こちらも、特筆すべき点はない。

 

メンエス玄人には物足りないかもしれない。

 

しかし、決してホスピタリティが低い訳ではない。

非常に丁寧で、

しっかりとした対応なので、

嫌な気は全くしない。

 

街のほぐし屋さんとメンエスの間くらいの立ち位置。

そういうことかもしれない。

そう考えて行くと、かなり楽しいのでは。

 

そして、仰向けからも未体験ゾーン。

最近都内で流行りの王道施術はほぼなし。

 

これは寂しかったが、

怒涛の追い込み。

 

急に始まるランデブー。

 

アワアワしてると、

囁かれる。

 

ファッ?

 

なるほど。

 

こういうタイプのドキドキね。

 

なるほど。

 

気になる人は行ってみてほしい。

 

都内のメンエスをイメージしてはいけない。

 

ここは溝の口。

何しろ爆安。

 

タマキワキワバース
うーん、厳しめの評価だけど、逆に気になるね。

 

総評

 

とにかく安い。

 

リピートすると更に安くなるようなので、

ロングコースでもう一度、様子を見に行きたい店舗。

 

ラグジュアリーなタイプではないので、

目的を見誤らないように気をつけて欲しい。

 

気分次第では、非常に使い勝手の良い店舗になるか。

 

料金・・・★★★★ [4.5] (安い)

清潔感・・・★★★ [3.0] (清潔感は平均より低め)

施術・・・★★★ [3.0] (玄人には物足りないか)

セラピスト・・・★★★ [3.6] (若い、キュート、ハリツヤ、ギャル感)

ホスピタリティー・・・★★★ [3.8] (ホスピタリティはしっかり)

キーワード・・・溝の口スタイルとは

 

厳しい評価も所々ありますが、気になるお店ですね。