アチチスパ②<恵比寿>

生きる伝説との遭遇

 

2度目のアチチスパの記憶をここに残しておこうと思う。

サイトはこちらから

あの出会いが自身のメンエスへの接し方を180度変える経験になった。

この人との出会いがなければ、今の私はない。

そして、ヨツンバも生まれていないだろう。

メンエスの生きる伝説。

それは恵比寿のアチチスパでの突然の遭遇だった。

 

タマキワキワバース
お、今回は文章の毛色が違うね?

 

滴り落ちる汗と超絶技巧

 

アチチスパの印象というと、みなさんどうだろう。

若い。

癒し。

ドキドキ。

清潔。

こんなイメージだった。

その日、私の前に現れたのは、色気が滴り落ちている妙齢の担当者だった。

みるからに只者ではないオーラに身を委ねるしか無かった。

そして、この人こそが生きる伝説である。

後日談になるが、次に訪問した時にはもう姿がなくなっていた。

どこかでオーナーになっているかもしれないし、

もうこの世界にはいないかもしれない。

私はあなたの滴り落ちる汗と超絶技巧を忘れない。

 

タマキワキワバース
もう体験できないんだね、行ってみたかったよ。

 

施術の流れ

 

 

最初の脚マッサージからとにかく全力。

開始10分で汗が滴っていた。

それくらい本気でやってくれていた。

そしてトークが最高に心地よかった。

まだ若い自分にメンズエステの基本と「イロハ」を教えてくれた。

施術を受けながら、その会話の内容も相まって脳汁とか、その他の汁を垂れ流しにさせていた。

タマキワとかそういう話のレベルではない、

一瞬何をされているのか分からないその施術が、

この「ヨツンバ」に込められた秘密だ。

 

「ヨツンバ」とはこの時の衝撃から名付けられている。

 

あっという間の90分。

いつも以上に早かった。

そして、もう一度来ると約束したが、

1ヶ月後、そこに名前はもう無かった。

 

タマキワキワバース
ヨツンバの誕生秘話だね。興味津々だよ。

 

総評

 

 

第二の聖地、恵比寿。

思えばこの頃のメンエス界隈は私にとって刺激的だった。

今も新しいお店が増えてきて嬉しいが、

やはりあの頃の感覚が忘れられない。

是非、今からメンエスデビューを考えている皆さんはその瞬間を楽しんで欲しい。

そして、必ず紳士でいて欲しい。

メンエス愛好家は紳士なのだ。

みんなでこの文化を守る。

ヨツンバはメンエスを愛する人のためのサイト。

 

料金・・・★★★★★(コストパフォーマンス最高)

清潔感・・・★★★★★(全く問題なし)

施術・・・★★★★★(超えるもの未だ現れず)

ホスピタリティー・・・★★★★★(超えるもの未だ現れず)

キーワード・・・汗と色気が滴り落ちる

 

今回はいつにも増して熱いメンエス論が出てますね!